CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
きれいなおかあさん
きれいなおかあさん (JUGEMレビュー »)

聴覚障害をもつ子供に一生懸命言葉を教える母親の献身的な愛をテーマにした感動的な作品。中国語のリスニングの勉強にもなる・・・らしい。
コン・リーはノーメイクでも美しいのです。
uda takaki
think-tax.jp
meromero park
メロメロパーク
asahi.com
Timer
MOBILE
qrcode
<< 我が家のテレビ復活なるか?!?! | main | イヤホンで差をつける >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
DVDで「Shinobi」観ちゃったよ…
あれだね、日本初の映画ファンドとかいって、かなり期待された作品だったけど、もちろん私も期待してたけど、大方の予想通りコケちゃった映画「Shinobi」。
今更って感じだけど、観たのよ。つい昨晩。
映画の新しい資金調達の手法ってことで、イヤーな前例が出来てしまったことに付いては映画産業を応援する私としても残念。

ワタシたち夫婦は、漫画「バジリスク」読んだ結果、好みじゃなかったので投資しなかった。
映画自体もイマイチっていうか、突っ込みどころ満載だし、とりあえず最終的な妥協ラインとして仲間由紀恵をキレイに撮ることだけは押さえたみたいな感じの、ゆるーい出来映え。
そして映画そのものじゃなくて、ファンドに出資した個人投資家に対するサービスがあまりにも手抜きだったのではないかと思う今日この頃。
だって、投資の特典の一つに「エンディングのクレジットに投資家の名前をつける」っていうのが目玉な感じだったのに、投資家部分のクレジットだけあからさまに質の低い作りになってて、投資しても無いのに腹が立った。
さらに、インターネットで読んだんだけど、ある個人投資家は100万円(つまり10口)投資したのに、プレミア試写会の席は2階の変な席だったらしい。

既にお金を払ってしまった人に対してサービスするって言うのは、レストランでお会計済ませた客がオシボリやらお水の交換やらを頼まれるようなものだというのは、分かる。
もうこれ以上注文しないことが分かってる人に対して、何かサービスを求めるとイヤな顔する店員さんいますよね。
そりゃ、混み混みでお客さんが並んでる状況だったら長く居座ることは非常識だと思うけどさ。
でも、レストランにしても投資家にしても、お金を出した人には気持ちよくお帰りいただくのが最低限のサービスってもんだと思う訳で。

いや、ちょっと例えが悪かったか。
もちろん、レストランっていうのは単にお客さんであって、投資家っていうのは言ってみれば『身内』みたいなもんだし、今後映画を広める活動をしてくれる人(プレス)たちを一番に考えなくちゃイケナイのは投資家も同じで、その広報的な活動が投資家にそのまま跳ね返ってくるんだから、分かるんだけどさー。

まあ、色々ありますが、とにかくヒドイ映画っていうことです。

| ウリム・ジャーナル | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:05 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bigarrow.jugem.cc/trackback/341
トラックバック